【個別面談】は自分を俯瞰して感じるツール

7月に入り、
福祉人材育成研修で関わらせて頂いている
診療所のスタッフの皆さんとの
<個別面談>を行なっています。


6月に開院されて、1ヶ月。
初めてのレセプト提出も
ようやく終わり、ホッとひと息。


1ヶ月走り続けてきたからこそ、
ホッとできた今の時期に
この1ヶ月を振り返ることが
とっても重要です。


マンツーマンの面談の中では、

────────────────────

●じぶんの中にあるものを言葉にして
外に出す

●「いっぱい」ってどのくらいだろう?
   曖昧さを付箋に書いて明確にすることで、
 文字で実感する・量で実感する

●マスコットを並べることで、関係性が見える

────────────────────

ということをしていきます。


チームで「共有する」ために
もちろんチーム研修も大事ですが、


それと同じくらい
「個人面談」も大事だと思っています。


より、自分にフォーカスして
自分を感じることができるから。


大勢の前ではなかなか伝えられないことも
マンツーマンであれば、
その勇気が出るから。


チームメンバーに自分から
伝えられることが良いのは
だれでもわかってる。


でも、それが難しいって感じてるのであれば、
まずはマンツーマンで話せる人に
話していくことから
はじめていくと良いと思う。


面談を終えて、

────────────────────

●こんなに自分の中に
 溜まってるものがあるとは
 思いませんでした


●自分はできてないと思っていたけど、
 頑張ってたところがあるのが
 わかりました

●とにかく話せてよかった

────────────────────

話すことの重要性、効果を
感じていただけた面談となりました。

わたしとお話してみませんか??

▶︎福祉人材育成研修
  チーム研修 + 個別面談
▶︎経営者、管理者のための個別面談

▶︎ケアマネさんのための個別相談室

メール講座読者の方は
体験相談3240円割引実施中‼︎
 5400円(90分)(通常8640円)
▶︎メール講座登録はこちらから


強みを   見える化するじぶんsmile♡

【ミエルカ】で「働きやすさ」と「働きがい」を両立する職場作りを応援します!

0コメント

  • 1000 / 1000